×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴルフのテークバックでフェースがボールを見るようにしてダフリ、スライスを防ぐ

テークバックの初期はフェースがボールを見るようにするのが良いのか?

以前テークバックの初期動作で、フェースはボールを見るようにシャフトを引いていくこと、というレッスンを受け、しばらくの間その通り実践していました。

 

しかし、けっこう頻繁に、ダフリやスライスが出るようになってきました。

 

テークバックでフェースがボールを向くようにすると、意外に窮屈なスイングになり、それが原因でオーバースイングになってシャフトクロスになることもありました。

 

そこで今度は知り合いの上級者にアドバイスを求めたところ、フェースを閉じることを意識しすぎるせいで、左肩が極端に下がった状態でテークバックしているといわれました。

 

その様な状態だと、体の左側に体重が残るので、クラブを下していくと反動で右に体重が移ってインパクトをしてしまうことになります。

 

よく言われる、明治の大砲という状態になってしまっていたということですね。

 

インパクトでは、右肩が下がるのでダフリ、左肩が上がるので身体が開いてスライスの症状が出てしまうということですね。